下北地方森林組合  〒039−4401
青森県むつ市金谷一丁目2−32
 ホーム ご挨拶 組合概要 事業内容 森林施業プランナー 組合員の方へ
   ホーム>ご挨拶
   
■組合長挨拶
 下北地方森林組合のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
 当森林組合は、本州最北端に位置し、北は津軽海峡、東は太平洋、内に陸奥湾を抱き、面積の約8割が森林という恵まれた自然を活かし、さまざまな事業を展開しています。
 現在、「国産材の利用拡大と森林・林業再生運動」として、施業集約化と地域材安定供給体制づくりに取り組んでおりますが、特に、森林経営計画制度の推進するため、施業集約化と森林所有者との合意形成を最優先の業務として活動しております。
 組合員の高齢化や後継者不足などにより、森林の管理をできない所有者が増えていることから、森林組合が所有者に代わって森林の維持管理と経営を行い、地域の森林がその機能を十分に発揮できるよう、あらゆる活動を通じて最善の努力を尽くします。
 当地域は、かつてヒバ材の生産地として栄え、多くの製材所等が雇用を中心に地域経済の一翼を担っておりました。再生可能な森林資源が再び地域づくりの主体となるよう、木材産業の再構築を進め、地域の豊かな森林資源を活かすことを、森林組合の使命として努めてまいります。

                   
 代表理事組合長 村中 徹也


  当組合の基本方針

1.森林経営計画を推進するため、集約化施業に対する組合員のご理解とご協力を得ながら、森林の現況調査や施業提案に実施、長期受委託契約の締結に努めながら、林班単位での森林計画を策定します。

2.低コスト林業を目指し、造林・保育など施業すべての効率化を図るとともに、搬出間伐等の生産性の向上とコスト低減に必要な技術の向上と現場力の強化を進める。

3.系統販売により、安定的な間伐材等の供給量を確保し、取引の信頼性を高め、流通の効率化と価格競争力の強化を実現し、組合員への利益還元に努める。

4.経営に対する役職員の意識改革と資質向上を進め、また、社会ルールに適ったコンプライアンス態勢の整備に努め、組合員並びに地域社会の負託に応え得る森林組合の確立を目指します。




Copyright(C)2014 下北地方森林組合 All rights reserved